「ありがとう」と「ごめんなさい」が素直に言える人って、素敵ですよね。

だれもが当たり前のようにできる。
簡単なことのようで、結構できなかったりする。

いざ意識してみると、意外と難しかったりもするんですよね。

心ではすごく感謝していても、言葉にして伝えるのが恥ずかしいから、「ありがとう!」という言葉を口に出せない人もいます。

身近な人にこそ伝えるべき言葉なのに、身近であればあるほど照れくさくて言えなかったりするものですよね。

「ごめんなさい」と言うのは「ありがとう」よりも難しい気がします。

悪いとは思っているけど謝るよりも先に言い訳をしてしまう人は多いのではないでしょうか?「そういうつもりではなかった」とか「こっちの言い分も理解してほしい」という主張をしてしまいがちです。
大切なのは気持ちを込めること

人に何かを伝えるのは結構難しいことだと思います。的確に言葉で表現したつもりでも、相手によっては自分の思いとは違う解釈をされたりもします。

だけど気持ちを込めた「ありがとう」と「ごめんなさい」は、必ず相手に通じるものだと思います。それができていれば言い訳などしなくても、自分の立場や言い分を相手の方が理解してもくれるでしょう。

言葉なんてなくても通じ合える関係は理想的ではありますが、言葉で伝えるということはとても大切なことだと思います。相手に理解を求めるならば、自分の気持ちを素直に伝えられる人になるべきですよね。